屋根イメージ

飛鳥工務店の見積仕様

● 標準仕様
  • 自由設計
  • 地盤調査
  • 自社墨付け・手刻み
  • オール電化
  • エコキュート
  • JIO10年保証
  • バリアフリー
  • ベタ基礎
  • シロアリ保証
  • TVドアホン
  • YKKサッシ
  • 自然乾燥剥無垢材
    (構造材・造作材)
  • 照明器具一式
  • ユニットバス
  • キッチン(吊戸付)
  • トイレ(1・2F)
    ウォシュレット付
  • トイレ内手洗い
    (1・2F)
  • 洗面化粧台(1Fのみ)
  • 壁、床、天井断熱材
  • タイル150角
    (ダントー)
  • 内装建具
    (パナソニック、ベリティス)
  • シューズクローク
    または靴箱
     

長期優良住宅、エコ住宅、エコリフォーム、住宅性能評価、設計性能評価、太陽光発電、介護者住宅等もお気軽にご相談下さい。

飛鳥工務店では、設計から施工まで全て自社で行います。
工務店内に建築士事務所がある上、当社は規格住宅ではなく、全ての住宅がオリジナルなので自由な設計が可能です。
外装材や内装材・設備などもお一人お一人に合わせたライフスタイルが提供できると思います。
まずは、お施主様の理想のイメージや好みをお聞きし、住み良い家をプランニングいたします。

お施主様に分かりやすいよう、3D図面を使って説明いたします。
外構工事の予定があれば、門や塀・庭造りなども一緒に考えていきます。

お施主様・棟梁・設計士で打合せを重ねていきます。

  • 人と同じ家はちょっと・・・
  • 昔ながらの家がやっぱり落ち着く
  • 今風の家はどうも好きになれない
  • 自然素材を活かした健康住宅がすき
  • 木の温もりがある家に住みたい
  • 建てた何年後かに「やっぱり良かった」と思いたい

こんな思いのお客様は、飛鳥工務店にピッタリです。お気軽にお問い合わせください。

昔ながらの家造りを得意としている飛鳥工務店でも、設備は最新の物を取り入れています。
お施主様が、住みやすく安心の家造りのために住器一式(IHキッチン、ユニットバス、洗面台、エコキュート)は絶対条件です。

お施主様の予算に合わせた色々なランクも提供可能な上、展示品の大特価商品もご用意できます。もちろんどこのメーカーでも対応できます。
料金も差し引きで行っているので、高額な追加料金も発生せず安心です。

トイレのオリジナルカウンターなどもお気軽にご相談下さい。

  • キッチン写真
    キッチン
  • ユニットバス写真
    ユニットバス
  • トイレ写真
    トイレ

構造材はじめ、飛鳥工務店で制作する社寺・山車・住宅は、自然乾燥無垢材をふんだんに使用しておりますので、100年、200年は平気でもちます。

社にて自然乾燥置場を設け、120坪の第二倉庫にも沢山の材料を乾燥させております。
何故、乾燥材にそこまでこだわるのかと思われる方もおられると思います。
それは、木は水分を含んでいます。そのために山に生えている木を切ってすぐに使えるわけではありません。まず第一に、木の水分を抜くこと、第二に、木のクセを取り除くことです。

木は切ると、一本一本違った性格が出てきます。乾燥に伴い自由な方向に反っていきます。乾燥させ、木の性格が出た時点で初めて加工を始めます。こうする事で、お施主様に絶対の自信がある家を提供できます。

木を知り尽くしている棟梁が、自分の目で見て適材適所に材料を決め、家を建てていくからこそ本当に良い家ができるのです。
完成後には隠れてしまう柱や構造材に何故そこまでこだわるのだろうとお思いになろうかと思いますが、家は完成時より完成後が大事なのです。他社とは10年後、20年後に差が出てきます。

分からない事がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

他社とは違う、金物ボルトに頼らない技術。当然、昔は金物なんて物は無かった時代。
法隆寺が1300年も耐え続けているのを見れば、如何に伝統工法が強いのかという事が証明できるかと思います。

組立貼り付け住宅が増えている上、カケヤも使わない上棟が増え続けている中、弊社は昔と変わらないやり方で施工いたします。カケヤで叩いてホゾを効かすという工法がいかに強いか、弊社の上棟をご覧いただければお分かりになると思います。

伝統工法も取り入れた家造り、大手メーカーや一般大工には真似できない宮大工ならではの技術で、絶対にご満足いただける家をご提供いたします。

瑕疵担保制度により、全ての住宅に保証の制度が義務づけられました。
飛鳥工務店では、義務づけられる何年も前から「日本住宅保証機構JIO・10年保証」に全ての物件が加入しております。もともとの造りが、頑丈・丁寧に施工しているため、保証が無くても絶対の自信がありますが、第三者機関が実際に検査し保証してくれる事で、お施主様にも更なる安心をご提供することができます。

1〜2回目の検査ではJIOが行い、3〜4回目の検査は(財)街づくりセンターが検査いたします。また、検査以外の建築中も国家資格の施工管理技士(監督業務)を所持する弊社の管理者が随時点検・チェックを行います。


  • 第1回目 基礎・配筋検査
    仕様書・図面通りの配筋ピッチに施工されているかを検査します。

  • 第二回目 構造・躯体検査
    桁や梁、柱や床組などが図面通りに施工されているか検査します。

  • 三回目 構造・中間検査
    耐力壁となる筋交いが、図面通りに施工されているか検査します。

  • 第四回目 竣工・完了検査
    最後は設計書通りに施工されたかを全てチェックします。

弊社では構造材をはじめとした梁や柱など、全てを自社にて墨付け・手刻みで加工しています。
化粧柱や桁や野物は全て手鉋仕上げです。機械は使いません。

何故、機械ではいけないのかと思われる方もいると思います。
何年後かに手鉋仕上げと機械仕上げの差が出てくるのです。手鉋仕上げは何年経っても、仕上げ面が変わりません。時間が経てば答えはでてきます。

飛鳥の職人が、一本一本気持ちを込めて刻みケスリます。
日本伝統技術保持者がいる上、国家資格である建築大工1級技能士、2級技能士所持者が施工します。

  • 手鉋仕上げ写真
    手鉋仕上げ
  • 手刻み写真
    手刻み
  • 墨付け写真
    墨付け

ページ先頭へ